夏のモンゴルツアー 満員御礼締めきりました。

暑い日が続いています。
先日の豪雨は想像を超える被害になってしまい、改めて自然の恐ろしさを感じでいます。
被害に遭われた方の、一日でも早い復旧と平常の日々に戻ることを願い、お見舞い申し上げます。

モンゴル、特に遊牧民たちは、日本以上に自然の厳しさ、それに恵みとともにある人々です。
昨年の夏も7月にほとんど雨の降らない時期があり、草原が砂漠のように茶色になって十分に草を食べられず、家畜の生育が遅れてしまったり、引っ越しを余儀なくされたりと、遊牧生活の大変さも少しだけですが垣間見ました。
自然の中で、自然の恵みにそって暮らしていくことは日本では難しいですが、自然の美しさとともに自然の厳しさも忘れないように暮らしていかなければと改めて思う今回の災害でした。

8月8日に出発の今年のモンゴルツアー、おかげさまでたくさんの申し込みがあり、先日締め切りとなりました。
今年はタイミングがあわなくて参加できなかった方、来年以降も続けて行きますので、ぜひ、モンゴルの大草原で星空の下馬頭琴やホーミーを聴いたり、果てしない草原を一緒に旅しましょう。

申し込みいただいたみなさん、一週間の旅の間、モンゴルの大草原での時の流れ中で健康で過ごせるように、体調を整えて旅を迎えて下さい。

日本はまだまだ暑い日が続きますが、モンゴルは今が夏の盛。ナーダムも終わってこれから少しずつ秋へ向けて気持ちのいい季節になって行きます。それでは!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です