岡林立哉が案内する高知・仁淀川をめぐる旅。

毎年モンゴルツアーを一緒に企画している風の旅行社さんと、高知の旅を企画しました。

高知県へ行ったことがないという人、たくさんいるのではないでしょうか?
実を言うと、僕も全国の都道府県で最後に訪れたのが高知県だったのでした!
最後まで残っていた土地に住んでいる、なんとも不思議なものです。笑

高知に住んですでに10年近くになりますが、演奏の旅からの帰り道に見える仁淀川の雄大な流れ、四季折々様々な表情を見せてくれる山々は、いつも新鮮な感動を与えてくれます。

そんな仁淀川流域が一年で一番美しい5月。木々の新緑がパッチワークのように色とりどりに色づき、南国の日差しを受けて輝きます。モンゴルの旅同様、今回の旅も新月に合わせての日程で、夜には晴れていれば仁淀川の河原で焚き火にあたりながら星空の下でのミニライブなんかもできたらなと思っています。

都会から離れた高知の山間のこの地でしか味わうことができない、空気感、森と水の匂い、そして時の流れを感じてもらえる2日間の旅。
ご都合付きましたら、ぜひ、ご案内させください!

詳細、お申込みは風の旅行社のホームページより。
https://www.kaze-travel.co.jp/jp-okabayashi-ino-01.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です